Update 11 で追加されたメソッド

JavaApplet と同期して動かないと使えないメソッドばかりです。applet タグの指定が、 MasaoJSS.class の場合のみ有効です。

drawImageRotate(Image型オブジェクト,X座標,Y座標,回転する角度(0~360))
画像を、回転させて描画します。Image 型オブジェクトは、 newImageOnLoad() などで取得して下さい。
drawImageScale(Image型オブジェクト,X座標,Y座標,X方向拡大率,Y方向拡大率)
画像を、拡大縮小して描画します。拡大率の単位は%で、 200 なら2倍、 50 なら半分の大きさになります。
drawImageAlphaComposite(Image型オブジェクト,X座標,Y座標,不透明度(0~100))
画像を、半透明で描画します。

setSystemDrawMode(2)
JavaApplet のメインプログラムが、主人公を描画しなくなります。 JavaScript の呼び出しは、主人公の描画が行われた後になる為、画像を変更する場合は、この設定にします。

int getMyObjectPattern()
主人公のパターンコードを取得します。
setMyObjectPattern(パターンコード(0-249))
主人公の画像を、パターンコードで設定します。
setMyObjectImage(Image型オブジェクト,X方向座標修正値,Y方向座標修正値)
主人公の画像を、 Image 型オブジェクトで設定します。設定を解除する場合は、 Image 型に null を指定して下さい。このメソッドは、 applet タグの指定が MasaoConstruction.class でも使えます。
drawSystemObject(1)
画像を設定した後、このメソッドで、主人公を描画させます。引数を 2 にすると敵を描画、 3 にすると得点と一言メッセージを描画しますので、表示の優先順位が気になる場合は上書きして下さい。



int newChipImage(ファイル名,チップ1枚の幅,チップ1枚の高さ,チップが横に並ぶ数,チップが縦に並ぶ数)
1枚の画像を切って、複数のオリジナルチップ画像を生成します。戻り値は、オリジナルチップ画像のID。 JavaScript 呼び出し無しで使う場合は、 applet タグの指定を MasaoFXApplet.class にして下さい。
Image getChipImage(オリジナルチップ画像のID,コード)
newChipImage() で生成したオリジナルチップ画像を、Image 型オブジェクトで取得します。
makeReverseChipImage(オリジナルチップ画像のID)
newChipImage() で生成したオリジナルチップ画像に加え、水平垂直反転したチップ画像を生成します。
Image getChipImage(オリジナルチップ画像のID,コード,反転情報)
makeReverseChipImage() を使用後、水平垂直反転したオリジナルチップ画像を、Image 型オブジェクトで取得します。反転情報は、 0 がそのまま、 1 は水平反転、 2 は垂直反転、、 3 は水平垂直反転です。
disposeChipImage(オリジナルチップ画像のID)
指定IDのオリジナルチップ画像を、破棄します。

キーボード操作

(←),(4)
左へ歩く。素早く2回押すと走る。
(→),(6)
右へ歩く。素早く2回押すと走る。
(スペース),(Z)
ジャンプする。
(T)
タイトル画面に戻る。

ゲーム画面をマウスでクリックすると、ゲーム開始です。


遊び方

ゲーム画面をマウスでクリックすると、ゲーム開始です。赤い人は正義の味方で、主人公です。カーソルキーまたはテンキーで、左右に動きます。素早く2回押すと、走ります。スペースキーで、ジャンプします。彼の趣味は、お金を拾う事です。それと、亀を踏んづける事です。彼の夢は、マップの右の方にある星を取る事です。


サポートページへ移動する。